薬用 雪肌精 乳液 人気は?口コミは?評判は?

ブランド(メーカー):雪肌精(コーセー)
主な配合成分:センプクカエキス・ハトムギエキス・ボタンピエキスなど
化粧品のタイプ:乳液タイプ

スポンサーリンク


薬用 雪肌精 乳液

薬用 雪肌精 乳液は、和漢植物エキスをはじめとした美容成分が、メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・ソバカスや、乾燥、肌アレも防ぎ、しっとり深く、ふっくらとする薬用乳液です。

こんなお悩みのある方に

  • 保湿ケアと美白ケアをひとつでしたい
  • 保湿ケアはしたいけれど重たい化粧品は苦手で・・・
  • 肌にもっとツヤや透明感が欲しい
  • 以前より肌のくすみが目立つようになってきた

◎薬用 雪肌精 乳液のポイント◎

5種の和漢植物エキス(保湿)配合

  • センプクカエキス
  • ハトムギエキス
  • ボタンピエキス
  • メロスリアエキス
  • トウキエキス

薬用 雪肌精 乳液は、5種の和漢植物エキス(保湿)配合で、透明感の高い肌を叶えます。

ふっくらと弾力感のある白肌を育む

薬用 雪肌精 乳液は、コクがあるのにベタつきのない高いエモリエント効果で、すがすがしいつけ心地。 肌表面はさらりとしているのに、薬用美白乳液の効果が角層深くにとどまり、ふっくらと弾力感のある白肌を育みます。

心地よいみずみずしさがずっと続く

薬用 雪肌精 乳液は、モイスチュアバランスポリマーが、うるおいのバランスをキープ。心地よいみずみずしさがずっと続きます。また、メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐだけではなく、乾燥や肌荒れも防ぎます。

「雪肌精(せっきせい)」ヒストリー

雪肌精がデビューしたのは、1985年。この特徴を端的に表現し、美しく白い肌をイメージしたワードが雪でした。当時、化粧品では類をみなかった和漢の漢方発想から薬のビンをイメージした美しい瑠璃色のボトルデザインが誕生しました。

20年以上経った現在でも、日本はもちろん、「雪肌精」の名は、台湾や香港、中国、韓国、東南アジア、アメリカなど、世界中に広がっています。

口コミや評判は?

◇良いところ(メリット)◇

  • 肌がしっとりとして柔らかくなった感じ
  • だんだんくすみが気にならなくなってきた
  • 塗って伸ばすと肌に浸透する感じが心地いい
  • 少量でもよく伸びて使いやすいと思いました

◇気になったところ(デメリット)◇

  • 緩めのジェルのようなテクスチャーで気をつけないと垂れてしまう
  • 塗ったあとのペタペタする感じが好みではありませんでした

人気度★★★★☆☆

<短評>
薬用 雪肌精 乳液の口コミは、「肌がしっとりとして柔らかくなった」「だんだんくすみが気にならなくなってきた」などの点の評価が高いようです。

また、効果はもちろん、少量でもよく伸びて使いやすいという口コミもあります。

気になる口コミとしては、緩めのジェルのようなテクスチャーで気をつけないと垂れてしまう・・・という口コミがあります。ですから、お肌への塗り方にはちょっとコツが必要なようなので、その点に関しては、やはり一応注意しておいたほうがいいかもしれません。

5種の和漢植物エキスをはじめとした美容成分配合の乳液。ふっくらと弾力感のある白肌へと導いてくれるような乳液タイプの保湿化粧品はないかな・・・そんな保湿化粧品を探しているという人は一度試してみる価値があるでしょう。

 
スポンサーリンク



 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。